SCROLL

KaILE(カイル)のInstagramアカウント

EVENT & FEATURE

春のアートギャッベ展

「アートギャッベ」とは?

アートギャッベの制作風景

ギャッベという絨毯はイランの南西部の遊牧民(カシュガイ族)によって代々母から娘に受け継がれてきた生活道具。テント生活の遊牧民が乾燥した大地に敷いて使う、生活に欠かせない丈夫で長持ちする絨毯です。
そのギャッベ中でも“アートギャッベ”は知る人ぞ知る世界最高峰のギャッベ工房「ゾランヴァリ工房」で作られたギャッべの中から、更に日本人の感性にあった上質でアート性に優れた、選りすぐられたギャッベです。

「ゾランヴァリ(Zollanvari)」とは?

「ゾランヴァリ(Zollanvari)」

今でこそギャッベは世界中で人気の絨毯ですが、以前は遊牧民の生活用具に過ぎませんでした。
そんなギャッベを世に広めたのが「ゴラムレザ・ゾランヴァリ」。そう、ゾランヴァリ社の創業者です。彼はカシュガイ族の人々から“ギャッベの父”と呼ばれ親しまれています。
ゴラムレザ・ゾランヴァリはギャッベ本来の伝統的で素朴な絨毯を努力と知恵で商品価値を高め進化させていきました。
そんな“ギャッベの父”と呼ばれた彼が創業したゾランヴァリ社は徹底した品質管理において、世界中に素晴らしいギャッベを届けています。

文様に込められた想い

文様に込められた想い

ギャッベは、カシュガイ族の女性が嫁ぐときの嫁入り道具として嫁ぎ先に持っていくという伝統があります。
テント生活の遊牧民にとってギャッベは切っても切れない身近な生活用具であり、テント生活の必需品です。カシュガイ族の女性はギャッベの上で過ごす家族の幸せを願い、日々の生活で目にする自然界の様子を現わした文様を巧みな技術でギャッベに織り込んでいます。
現地でギャッベの文様の意味を尋ねても、尋ねた数だけ答えは違い、母から娘へと伝承されてきた文様は、受け継がれながら変化しているのだと思います。
「生命の樹」は長寿・健康。「鹿」は家庭円満。「窓・井戸」は幸せ・恵の入り口。など当店でも文様の意味をお伝えしていますが、ギャッベの織り手とそれを使う側が自由な発想と想いで文様を楽しむ事が本来の文様の姿だと感じます。

お客様のお喜びの声

お客様のお喜びの声

当店では今まで沢山のアートギャッベ達のお嫁入を目にしてきました。
お客様一人一人、使用用途も違えばお好みや感覚も違います。元々ギャッベをご存知で、ようやく「これだ!」と思える運命のギャッベと出会えて購入くださったお客様もいれば、全くギャッベをご存知なく、ギャッベのお話をして興味をお持ちいただき、そこから購入に至ったお客様もいます。
ただ、共通して言えることは、皆様本当にご満足した笑顔でご自身で選ばれたアートギャッベを迎え入れていらっしゃると言うこと。
皆様のそんなアートギャッベとの出会い、想いを少しだけ覗いてみてください。

アートギャッベの納品事例はこちら

「お店で選ぶ」という安心と価値

「お店で選ぶ」という安心と価値

世の中にはインターネットでギャッベの販売を行っている店舗は数多く存在しますが、アートギャッベはインターネットでの販売をしていません。
アートギャッベは画像では伝えきれない絶妙な草木染の色合いや、一枚一枚異なる肌触りが一番の特徴です。デザインはもちろん織りの細かさ、毛足の長さ、色合いすべてが異なるため、画像では伝えられないそのすべてを、実際に見て、触れて、体感いただき、納得してご購入していただきたいのです。
長く愛用するであろうアートギャッベは、ご購入後のメンテナンスに関しても専門のクリーニング業者をご案内しておりますので、どうぞご安心ください。

アートギャッベ展

アートギャッベ展 展示会場写真

※イメージ(展示会場写真)

年に1~2回しか開催しないアートギャッベ展は、チェアパッドや玄関マットなどの小さいサイズからリビング用の大きなサイズまで約250~300枚程を展示販売しています。
アクセス抜群の天神で、ここまでの規模で展示会を行う事は滅多にありません。
ギャッベに詳しい方も初めてご覧になられる方も、観るだけでも楽しめるイベントです。
毎回、届くアートギャッベは異なりますので、きっとお客様の「これだっ!!」と思える運命の1枚に出会えるのではないでしょうか?

アートギャッベ展開催についてのお問い合わせは、お問い合わせフォームやお電話にてお気軽にどうぞ!

お問い合わせフォームはこちら

▲ PAGE TOP